ライフハック

インテリアコーディネーターに部屋を作ってもらったら意外な結末に!?

インテリアコーディネーター

・自分で家具や家電の配置をどうしたらいいか分からない
・センスのいい家具家電を揃えたい
なんてことはないでしょうか?

今回私はIKからILDKの引っ越しなので、
今までより部屋を使える様になったので、
家具をどうするか正直かなり困っていた。

自分で1から家具を考えたり、
配置を決めるのが時間が勿体無い+いい部屋にしたいということで
インテリアコーディネーターに頼もうと思った。

インテリアコーディネーターってなんとなくハードルが高いというか
一般人が使わないと思ってたんですけど、今はココナラというサービスがあって
そこで探すと1万円程度で提案してくれる方がいたので、
その人に頼んでみた結果をブログで報告する。

るーつ
るーつ
どうも、るーつです。Twitterやってます。お問い合わせはこちら

インテリアコーディネーターという資格は曖昧

実はインテリアコーディネーターという資格は結構曖昧で、
その資格を持っているからといって人に説明できるくらい。
簿記やFP、税理士資格みたいに企業に効力があるわけではないことを知った。

確かにすごいんだけど、
思ったよりすごくない資格を持っている人という認識の方がいいかもしれない。

民間の会社で3つくらい似た様な資格がある。
一応微妙に違うみたいだが、違いがよく分からない。

1.インテリアデザイナー
2.インテリアコーディネーター
3.インテリアプランナー

インテリアコーディネーターに頼むならココナラ

これまではインテリアコーディネーターに頼むとなると、
おそらく個人のサイトに行って申し込みをする流れだったと思うが、
ココナラは超手軽に頼むことができる。
めっちゃ便利な世の中になったのを実感する。

ココナラはここから1分で簡単で登録することができます!
さまざまなプロが在籍しているので、
インテリアコーディネーター以外の依頼も可能です。

しかも値段も思ったより安く、1万円程度で可能。
今回私が頼んだのはCO2create

・販売件数が多い
・1部屋1万円という金額のわかりやすさ
・3Dの画像でイメージを出してくれる

というのが決め手。

インテリアコーディネーター色々プランがあるのだが、
1部屋追加
実際の商品での提案をオプションで追加した。

実際にやりとりに入っていく。
やることは簡単で、
写真を送って、要望を伝えるだけ
以上という流れ。

まずは部屋の写真を送る

まずは部屋の写真を送ることからスタート。
間取り写真(物件の募集の紙に載っているような平面のやつ)
部屋の写真

部屋の写真はできるだけ多めがオススメ。
いろんな角度から撮ったりする、
多ければ多いほど、イメージが伝わりやすい。

イメージを伝えるのが重要

・次に具体的なイメージを伝える。
個人的にここが大事だと思った。
ある程度の予算も先に伝えておく。
机→3万円まで
椅子→2万円まで等

相手はプロのインテリアコーディネーターなので、
全てお任せでもいいかもしれないが、
ここだけは拘りたいというポイントは必ず伝えた方がいい。

ただ、それが決まりすぎていると
相手から提案する商品が少なくなるので、それも考え所。

あと今実際に持っている商品は先に型番も含め、しっかり伝えることが重要。

今回はこんな感じで依頼をした。

生活感のないホテルライクな部屋にしたいです。
お力添えよろしくお願い致します。

【基本情報】

床:ブラックウォールナット
壁:白
収納:5段棚(添付写真)▶︎基本的に小物や掃除機などを収納
コンセント位置:写真の赤い丸の部分です。

【決定してること】
・基本的に収納棚に物をしまう
・使いたいインテリアの配色▶︎黒×ダークブラウンの木材

【要望】
・配線が嫌いなのでできる限り隠したい
・余白が欲しいが殺風景は防ぎたい
・家具の木目の色や黒ベースの色は統一したい

<LDのインテリア>
■決定事項
空気清浄機:KI-JS40(白)
椅子:ゲーミングチェア(GTRacingのGT901)
プリンター:EA-052A

■要望
①カーペット・ラグは掃除簡易化のため不要
②おしゃれな照明をつけたい
③PC作業用のデスクを置きたい▶︎天板120-140cm 枠は黒色
④デスクの近くにプリンター等をおく大型シェルフ
⑤無印みたいな壁掛けシェルフを置きたい▶︎ルームフレグランスを置いたり
見せる小物置き的感じ
⑥間接照明を置きたい▶︎イルミネータhttps://funkylama.jp/products/illuminar
合わないようなら他のものでもOK
⑦二人がけのダイニングテーブルを置きたい▶︎形は四角でも丸でもOK
⑧アート(絵)を数個飾りたい
⑨大きめの観葉植物が欲しい
⑩”吊るす系”インテリアが欲しい▶︎観葉植物やドライフラワーなど
⑪ゴミ箱を悩んでいる
▶︎生活感のない(袋を隠せる)おしゃれな物
▶︎ウッド調か黒色
⑫カーテンの色の提案をお願いしたい

<Kのインテリア>
■決定事項
冷蔵庫:SJ-GD14C(黒)
電子レンジ:IMB-FM18(黒)
ゴミ箱:Tower3分別ダストワゴン(黒色)

■要望
①キッチン用品は黒で統一したい
②ゴミ箱が下に入るシェルフを置きたい
▶︎黒い枠に木材の置き場の棚
▶︎置くもの
ソーダストリーム
コーヒーメーカー
食器類
③物は極力見せたくない

<寝室>
■要望・悩み
①おしゃれなベット周りにしたい
②床とベッドフレームの色が合わない
▶︎今のベッドフレームは白色
https://www.irisplaza.co.jp/index.php?KB=SHOSAI&SID=7149191F

③サイドテーブルが欲しい
▶︎MacBookProを置いて作業できそうな大きさと高さ

④カーテンの色の提案をお願いしたい
⑤絵を飾りたい

よろしくお願い致します。

ちょっと長いがこれくらい詳しく説明した方がいい。
自分が持っているモノと新しく置きたいモノは商品名と型番(リンクでもOK)
と部屋のテーマを伝える。

今回ならホテルライクな部屋にしたい。
みたいな感じ。

この方のいいところは細かいところまで指定すると、
細かい商品まで実際の商品で提案してくれるので、
例えば、絵を飾りたい、植物を置きたいなどいうとそれも提案に入れてくれる。

実際に絵を飾りたいという要望に対し、実際に販売している絵の提案があった。

約1週間くらい待つと提案が。。。

先程の提案を送ると、了解です。
と一言。

え?これでわかるの?
ってほど少ないコミュニケーションで助かったけど、正直若干不安だった。

届いた提案がこちら。

お世話になっております。
頂いた資料とご要望にてインテリアイメージを作成させていただきました。
今回、内装と合わせたシックなインテリアテイストで統一しホテルライクのような雰囲気でまとめさせていただきました。

レイアウトは、2人掛けダイニングセットをキッチン側に・ワークスペースを腰窓の壁面に設け、デスクとシェルフ収納を配置いたしました。
キッチンはコの字型シェルフで下部にゴミ箱、上部に家電収納するかたちとなります。
お部屋隅にはライティングと観葉植物、ディスプレイスペースを設け室内のアクセントスペースとしました。
吊るしのインテリアとなる植物としてスワッグをイメージしました。こちらはお気に入りのものを取り入れて頂ければと思います。
また、ワークスペース壁面にもアートを取り入れております。

寝室は窓面にベッド頭を配置し、各サイドにテーブル・間接照明をレイアウトしました。
また、大きさの異なるアートを壁面にディスプレイしホテルレイアウトの寝室をプランいたしました。

下記に使用インテリアを記載させていただきます。

【LDK】

ダイニングテーブル/脚スクエア・幅100x奥行700
https://kanademono.design/collections/kanademono-table-desk/products/tbl-k11-bk?variant=32465688821822

ダイニングチェア/ストーングレー
https://item.rakuten.co.jp/dondon/ems03-2/

PCデスク
https://www.low-ya.com/goods/F802_G1035

シェルフ収納
https://www.low-ya.com/goods/A191

ダストボックス/ブラック
https://item.rakuten.co.jp/livingut/330857/

キッチン収納/幅900程度・奥行450・高さ900・ブラックhttps://item.rakuten.co.jp/arne-interior/5555a00027/

以下続く・・・・

どういうテーマでこのインテリアを選んだのか。
どういう場所に置くといいのかなど分かりやすく書いてある。
そして実際の商品のリンクがあるのでこのリンクに飛ぶと購入できるので、
自分でそれっぽい商品を探す手間が省ける。

あとこの後に3Dのイメージ画像が10枚ほど送られてきた。

インテリアコーディネーター

正直これがかなりクオリティ高いなあといった感想。
具体的なイメージが視覚的に分かるので、頭でイメージしやすい。

しかし、実際に選んでもらった商品に関しては
納得いった商品が半分
あとの半分はデザインが微妙だったり、
予算が3万円で伝えていたところ10万円のものだったり
そこは微妙だった。

なのその分だけ1回はお直し可能ということで、
気に入らない部分を再提案してもらう様に伝えた。

2回目のお直しは微妙

2回目のお直しの提案がきた。
しかし、なんとなく微妙なものだった。

正直思っていた感じと違っていた。
仕方ないので、これでクローズ。

インテリアデザイナーに頼んで良かったこと

良かったところは引っ越し前にある程度の家具の配置が決まること。
あと自分で調べる手間が省けた。

引っ越しをして間取りや家具が一気に変わる場合はおすすめ。

自分で考えなくていいので時短になる

センスのない自分が考えるより、
間違いなくプロに頼んだ方がいい。
知識がなくて1人で悩むより時間がかからないからいい。

色味や配置が完璧に決まる

部屋の色味と家具の色と配置がビシッと決まったのはかなりよかった。

実際に3Dで提案いただいた通りに部屋を作ろうと思う。
やはり自分でうんうん悩んで考えるより、プロに頼んだ方が早いし確実。

とりあえず提案だけ貰って、
気に入らないところは自分でアレンジしていくといいと思う。

インテリアコーディネーターでダメだったこと

ダメだったところは思ってた家具と全然違っていたことがあげられる。

これは私のセンスがないだけなのかも知れないのでなんとも言えない。。。

実際に提案の家具が微妙だった

提案された家具は正直微妙だった。

かなり細かいところまですり合わせをしたつもりなのだが、
完全に違うわけではないけど、思ったより自分が好きなインテリアではなかった

まあここは自分でアレンジができるところなので、
良かった家具だけ取り入れるのがオススメ。

お直しが一回だけ

お直しが一回だけなので、
2回目に似たような提案が来たらもうこれ以上は何もできない。

そもそも最初からイメージと違っていた場合どれだけ頑張ってもズレてしまう。

直接話せるわけではないので、この辺りがかなり難しいと思ってしまった。

結論 インテリアコーディネーターに頼むのはアリ

なんやかんやでインテリアコーディネーターに丸投げしてみるのはありだと思う。

特に引っ越しをして間取りが一気に変わる人には本当にオススメ!
引っ越し後に家具を考えるのって本当に手間なので、
大体のイメージを掴むという点でかなり頼んで良かった。

ココナラはここから登録&インテリアコーディネーターに依頼できます!

ーーーーーーーーーーーーーーーー
このブログはお金と生活改善情報を切り口に
ストレスフリーに生きる方法を発信するメディアです。
Twitter、Instagram、YouTubeもやっているので、
もし良かったらフォローお願い致します。

Twitter→ https://twitter.com/nayami_tentyou

Instagram→https://www.instagram.com/stressfree__life

YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCNd3uEh0E6qZ5UqPRlStAKg

ご覧いただきありがとうございました!